スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

# 0887_テラへ・・・

出家
メガネのテンプルを摘まむモーションの制作風景。
前髪を消して、テンプルと指の接触を確認。

・・・・。

メガネ、細かいところまで作ってもどうせ見えないっていう指摘を受けるわけですが、もしかするとこれがその答えなのでは!?

次回、すぺくたくらとミクの日本語教室第7話「出家」。お楽しみに!
スポンサーサイト

# 0886_テンプルデザイン

こんな感じのメガネを考えているんですが。

楽譜

適当に検索したら、少し似たようなのがすでにあった(ノ∀`)
私が思いつくようなデザインは、もうこの世界で出し尽くされた後だということ。開き直ってしまうのが一番かと。

え、まずは動画作れ?
ハイ・・・。

# 0885_3Dプリンターでメガネを作る

先日沢村さんに「拡大縮小できるメガネがあるとイイナー」的なご意見をいただいて、あれこれ実装方法を考えています。だいたいイメージは湧いてるんで、動画出来たら次のメガネでやってみたいなーと思ってます。

ふと、実際のメガネも拡大縮小でフィッティングできるようにできてると便利だなー、と夢物語的なことを思いつきました。でも昨晩見たジャパコンTVのフィギュア特集で、小道具など拡大縮小して3Dプリンターで出力していたのを見ると、既存の技術でも十分実現できそうですね。てゆーか、やってるところではやってるかもしれません。ドラえもんみたいだな。
メガネはプラスチック部品だけじゃないので、そこまで単純じゃないですが、一人一人が自分の顔の形に合わせて気軽にオーダーメードできる日もそう遠くないですね。

# 0883_テレビ

BSフジ2/22(金)24:00~「コンテンツビジネス最前線 ジャパコンTV」
http://www.bsfuji.tv/top/pub/japacontv.html

この番組で、先月浅草橋行われた第2回「ボカブン」を取材した様子が放送されるそうです。
今年のボカブン、私はノータッチだったんですが、去年のロサンゼルスの映像も流れるみたいで、番組制作会社さんのさじ加減次第では私が作った部分もちょびっと流れるかも。
せっかくだから見てみようと思います。



ちょっと気が早いですが、先日書きました通り、新しいメガネを配布する前に古いメガネのバージョンアップを済ませておきました。

下縁メガネV2.0:http://bowlroll.net/up/dl4259
ウェリントンメガネV2.0:http://bowlroll.net/up/dl4954
過去メガネ

材質やらボーンやら直したりしました。個人的には下縁メガネのPMX版が、プラスチックっぽい質感にできたのが嬉しい。
すでに持ってる人も是非取り替えてみてね。



今週の生放送予約しました。

生放送中にリスナーさん達にメガネ使ってもらって、変なところが無いか確認してもらおうとか都合のいいことばかり考えてます。

動画作り進めてはいるんだけど、本丸に攻め込めてない感をすごく感じているっ!
解説部分の最後辺りはすぐにでも作れるはずなので、生放送で時間余るようならその辺もやりたい。

# 0881_PMDエディタの受難

新しいメガネの配布に合わせて、古いメガネのバージョンアップを考えています。

ウェリントンメガネは通常サイズとミクサイズの2個あります。これまでPMDは通常サイズしかなかったので、今回はミクサイズも追加します。
と、ここでトラブル。ミクサイズの方のエッジが表示されませぬ。

えっじ

全然原因分からず、開き直ってこのまま配布しちゃおうかと思いましたが、いろいろ試した結果、どうやらPMDには「エッジ倍率」なるものがあるらしく、倍率を1に変更したらちゃんと表示されるようになりました。こんなのあったのか!

えっじ倍率

というわけで一通り準備が済んで配布に回せそう。最初は新しいメガネと同時にって思ってたんですが、投稿日前後の負担が大きくなるので、過去メガネのバージョンアップだけ先にやろうかなーなんて思い始めてます。生放送で配布して、ついでにリスナーさんにデバッグしてもらうってのもいいですね。なんという人任せ!

そういえば新しいメガネの方も、ほぼ配布できる形式になってるのよね。配布前に自分以外の人にお試しで使ってみてほしいなー(チラッ

# 0873_過去メガネ手直し

ちょっと一休みにと思って、過去に配布したメガネの手直しをしてたら、まったく一休みで済むような話ではありませんでした。とりあえず下縁はできたけど、ウェリントンの方もあるのよね。次の生放送とかでやりますか…。

# 0868_カラホー

一晩でニコニコのお気に入りが5人も増えました。動画投稿直後かよ!



並べてみた。

カラバリ

わーお。
でも肝心の1番がやっぱり冴えない感じ…。こういう時簡単に変えられるようにテクスチャーで色付けしているので、ちょっと変えるかも。あとテンプルの細長い嵌め込みというかなんというか、あそこの部分黒が多いですね。

これ、本番で使うわけですけど、今日は並べるだけで終わっちゃいましたね。明日カメラつけよう。あと背景・・・。

# 0866_ゆかり風カラーリングメガネ

生放送でメガネを着色していると、キャラに合わせた色にしてみてはどうかというアイデアを頂きました。



生放送終了後、紫ベースのカラーリングを考えている時にピピンっと来て、こんな感じのカラーリングにしてみました。

ゆかりカラー

ゆかり(結月ゆかり)カラーです。
紫って結構使いどころが難しい色だと思います。でも、ゆかりの公式絵を参考に真似してみると、色の組み合わせで上手にまとめられていて、ナルホドなーと感心しちゃいました。

さて、ゆかり風にカラーリングしてみたものの、このメガネ自体がゆかりに似合うかはまた別問題。ミクの場合キュンキュンメガネ似合うもんね。配色って難しい(ノ∀`)

# 0860_分かる人には分かる

先ほど思わずツイッターの方でもつぶやいたんですが、予選動画で「9999風メガネw」ってコメントを頂きました。
999.9(フォーナインズ)というメガネブランドがあるんです。おそらく国内トップブランド。

999.9ホームページ
http://www.fournines.co.jp/index2.html


今回のメガネはデザインも1から自分で考えたので、オリジナルには違いないんですが、実際のメガネを大いに参考にして作成しました。今回のメガネではフロント(正面)とテンプル(耳側)をつなぐ機構(S字パーツ)が、999.9のレディースメガネの定番構造です。形はかなりアレンジしてるわけですが。

S字パーツ
↑ココ

http://www.fournines.co.jp/products/3/124/238/(S-710T)
↑この辺のメガネを見ると分かりやすいですかね。

で、何が言いたいかというとですね、やっぱり分かる人には分かるということ。
油断できない一方で、ある意味安心しました。ちゃんと通じる人には通じるんだな、みたいな。
いや、それにしてもあれだけの映像でそこまで分かるもんですかねw

# 0733_メタセコイアでメガネを作ろうその4(カラーバリエーション)

毎度のことですが、たくさん色を用意します。
やりすぎると、しょうゆも塩もとんこつも、何でも食べさせてくれるラーメン屋さんみたくなりますが、メニューの選択肢が多いのはお客さんとしては足を運びやすいんじゃないかと思います。

今回はこんな感じのパレットを用意して色付けしています。
パレット
イラレで作りました。こういうのはイラレ使いやすいですね。下絵作りもそうでしたけど、使い方勉強したのが今回すごく役になってる!
最近はこんな感じのテクスチャーを用意することが多いです。毎回plt.bmpってファイル名なんですよね。こりゃそのうち間違って上書きするね。

というわけで、とりあえず11種類バリエーションを作ってみました。
どれがいいっすかね?
どれがいいか是非ご意見ください!ぜひ!ぜひ!
私は③⑧⑪あたりが好きかなー。
ピンク系はビビッド過ぎる印象を受けますね。もうちょっと薄めの色がいいかもしれません。

あとロゴも入れました。
ロゴ
これだけ別テクスチャーです。統合してPNGにしてもいいんですが。うーん。イラレで透過部分作る方法覚えないとだね。

PMD的には、ボーンを入れて、ウェイトを塗って、最終的にモデルに合わせれば出来上がりかな?
こだわろうと思えばパーツごとのスフィアやトゥーンの細かい設定もしていけるんですが、ほどほどにしましょう。

明日は静画を投稿しようと思います。メガネのみで1枚。かけているのを1枚作る予定。

# 0732_メタセコイアでメガネを作ろうその4(モデリング6)

生放送の事前資料。
http://spectacler.web.fc2.com/2ndseason_lesson03.html



一つ大事なことをすっかり忘れていました。
オンリーワン。
世界で一つだけの自分の、自分のミクだけのメガネを作ることです。
せっかく作ったので配布はしたいんですが、マイナーチェンジで別のを用意しておきましょうということですね。

というわけで宝石を作り始めます。
ハート型のブリリアントカット。
ハート型
以前普通のブリリアントカットを練習していたので、案外すんなりと出来上がりました。
宝石のカッティングにはこうと決まった削り方があるようですが、普通のブリリアントカットと比べると若干難易度が高いので、無理のない範囲で似せました。

台座も作ってみました。
表側裏側
宝石の5倍くらい時間かかっちゃいました。
それもそのはず、宝石の頂点数は96。一方、台座は2330!
これでもがんばって減らしたんだよっ!
まぁ、オンリーワンだからね。仕方ないね。

# 0731_メタセコイアでメガネを作ろうその4(材質設定)

今週の生放送。

PITとかDYNとかそういう話をします。
トークロイド講座をやってて思い知らされるのは、普段使わない機能などあまり自分でもよく分かっていないことが多々あるということです。意訳すると、調べるのめんどい(ノ∀`)
事前資料は準備中です。もう少しお待ちください。



メガネはこんな感じに。
めがね
スフィア変えました。

スフィア(スフィアマップ)というのは周辺からの光の反射の設定で、主に金属光沢やプラスチック的なツルっとした質感を再現するのに使われるテクスチャーです。
普通は、鏡面状の球体に映る像を撮影したりして作成します。
同じ理屈で、球状のポリゴンにMMEのMirrorエフェクトをあてて、スフィアマップを作れないかと思ったんですが、うまくできませんでした。
仕方がないので適当な画像をボカして使ってます。うん、実は金属光沢の場合、適当でもそれなりにテカテカするからいいんだ。
またいつか再挑戦する!

今カラーバリエーション考えながら材質設定をまとめてるところです。だんだんと「作る楽しみ」から離れた面倒くさい工程に!

# 0730_メタセコイアでメガネを作ろうその4(モデリング5)

まずテンプルのマーク。
マーク変更前
Before

マーク変更後
After

「テクスチャー貼ってみたらプリントした風にしか見えない。すごく安っぽい!というわけで、浮彫にしてみた」の図です。浮彫も、彫りの部分の角を取ったりすればもうちょっと見栄えしそうですが、上手に角を取る方法が思いつかなかったので妥協しました。

次にサイズ調整。
サイズ調整前
Before

サイズ調整後
After

レンズとヨロイの部分が小さくなって、ブリッジが大きくなりました。変更前の方が自然だけど、Lat式ミクに合わせるとこんな感じです。
瞳孔の中心とレンズの中心をきっちり合わせると、実際はもうちょっとブリッジ大きくなるんですけどね。やりすぎるとどんどん変になっていくのでこの辺で。

残り
①鼻当て移植(おかしかったら作り直し)
②色パターン作成
③スフィア作成
④縁有りも作ってみる

# 0729_メタセコイアでメガネを作ろうその4(モデリング4)

試着。
試着
おお・・・!?

メガネだけだとこんな感じ。
メガネのみ
スフィア当てるだけでだいぶ印象が変わります。でもちょーっちキラキラしすぎですね。シンプルなスフィア作ってみようと思います。

残り
①鼻当て移植(おかしかったら作り直し)
②サイズ調整
③模様作図
④色パターン作成
⑤スフィア作成
⑥縁有りも作ってみる

もうちょいな感じね。

# 0728_メタセコイアでメガネを作ろうその4(モデリング3)

テンプル(ウデ)の部分。
テンプル
模様はテクスチャーにしようと思ってるんだけど大丈夫かしら。駄目なら後から造形すればいいか。

実はテンプルもモデルさんの事情で少し難しいです。顔の正面から耳までが近いんですよ。私たちフツーの人間の尺で作ると、尺余りしてしまいます。

そんなわけで短めに作ってます。ただ、モデルによっては長い方が良かったりするんでしょうね。フィッティング難しい。長さ調整のできるPMDとか、真剣に考えてます。

# 0727_メタセコイアでメガネを作ろうその4(モデリング2)

先輩宅でミクブルーレイ鑑賞会。聞いてはいたけど、ケースがステキですね。あれだけでもちょっと欲しくなる。




というわけでモデリングの方はあんまりできてないです。
蝶番
蝶番部分。見やすいように軽く分離してます。本当はもうちょっと丸めたいところなんですけど、形が複雑になるのでこの辺で。

S字パーツも含めた姿。
S字パーツ
S字の部分は曲げにかなり苦労しました。もうちょっと簡単に作れる方法はないんだろうか。最初は円柱状の金属を曲げたような形だったんですが、若干角ばった形にしたら思いのほかイイカンジになったので採用しました。

というわけで続きはまた明日。

# 0726_メタセコイアでメガネを作ろうその4(モデリング1)

今日はがっつりとメタセコイアでメガネ作り。
お昼過ぎまでにブリッジ周りが出来ました。

ブリッジ周り

曲線の部分と角ばった部分が共存してます。この辺はわりとすんなり。私も一時期と比べると上達したものです。

夜までにヨロイ(フロント部分両端)周りが出来ました。

ヨロイ周り

たぶん今回一番大変な、立体的な金細工。ビミョーな部分もあるけど、まずまずな感じに。図面と若干違うけど、その辺はアドリブです。

一旦この辺で試着タイム。アクセサリなので光沢は無し。

試着

感想。
①思ってたよりレンズが大きい!
②前髪を垂らすと、案の上ヨロイ部分が見えない。
③ブリッジはもうちょい太目の方が見栄えしそう。

要調整ですね。
とりあえず、一旦蝶番から耳当ての部分まで作ろうかな。部品組み合わせるのは後からでも結構できるし、追加で要調整項目が増えたりするし。

ちなみに頂点の数はすでに10000くらい。一応カクカクし過ぎない範囲で減らしてはいますが。最終的には15000~20000くらいだと思います。

明日は外出する用事があるんで、あんまり進まないと思います。でも来週末くらいまでには形にしたいですね。

# 0725_メタセコイアでメガネを作ろうその4(PDを測る)

PDというのは両目の瞳孔の距離のことです。Pupillary Distance。生徒同士の距離のことじゃないよ!

メガネのサイズを合わせるために測ったりするんですが、今後メガネを作っていく際に必要になるだろうから、ミクちゃんのPDを測定してみました。

PD測定


定規の長さが2MMD単位です。えー、ややこしいですねw 初音ミクの伸長(158cm)が20MMD単位です。つまり2MMD単位は15.8cm。
目盛は100分割です。PDは定規でおよそ57目盛分。面倒くさいから、次測る時はメートル法の定規作りましょうね!

15.8cm×0.57≒9.0cm

PDは普通mmで表現するのでPD90mmですね。普通の人間(大人)は60mmちょっとくらいなので、かなりの離れ具合です。
実は過去の経験から、左右の瞳がかなり離れているっていうのは知ってるんですけどね。数字にしてみるとやはり実感できるものが違います。
たぶん、その分頭も大きいんですけどね。どうしてもブリッジ(左右のレンズの接続部)が広くなっちゃうんですよね。
その辺りを如何に違和感なく作るかってのが腕の見せ所になるのでしょうかね。今回は事前に図面と画像合わせてあるから大丈夫だと思うんだけどナァ・・・。

# 0723_メタセコイアでメガネを作ろうその4(カラーバリエーション)

カラーバリエーション。

カラーバリエーション

うーん。
もうちょっと考えてみます(ノ∀`)

正面のデザインもちょっと変えてみました。

かけてみた

なんと言うかこう、金縁でゴージャス系に行きたいのか、ハート型でカワイイ系に行きたいのか、これもうわかんねえな。
あれですね、デザインのコンセプトっていうのはとても大事ですね。次からもうちょっと方向性を言語化してから作り始めようと思います。

というわけで明日からメタセコ。

# 0722_メタセコイアでメガネを作ろうその4(三面図)

とりあえず形になりました。

三面図

図面の書き方とか知らないので甚だ怪しげですが、素人が作るならこんなもんでしょう。
いや、ほんとは「私うまくできた(*´ω`*)」とか思ってるんですけどw

デザインはもうちょっと細部を詰めていく必要がありそうです。特に色・・・。とりあえず3パターンくらいカラーバリエーション作ってみましょうか。

これが出来上がるといよいよメタセコになるわけですが、ヨロイ(正面と側面の接続部分)の辺りの曲線を見ただけでも相当の難易度が予想されるため、今から心折れそう。

# 0721_メタセコイアでメガネを作ろうその4(ネジ)

ふと思い立ってネジ頭を作る。

ネジ頭

いろんな所で使うので。先日の蝶番部分に使っても良いのかもしれない。頂点数140。もうちょっと頂点増やすとアップでも見栄えするんですけどね。
もちろんメインではメガネに使うつもりなんだけど、作ってからいろいろ気づくことがあります。
ネジっていろんなのがあるんですよね。頭が丸かったり平らだったり鍋状だったり。ドライバー差し込む溝がプラスだったり、プラスマイナス両方使えたり。

何を言いたいのかと言うと、汎用性があるようで、実は必ずしもそうではないという。実際に手持ちのメガネを見てみても、使用箇所によって使い分けてあったりします。もう何種類か作ってみようかな。



昨日の記事は画像添付し忘れてました。
足しておいたので、よかったら見てね。

# 0720_メタセコイアでメガネを作ろうその4(下絵)

コレクションケースがPMDになったよー。厳密にはPMXだけど。

コレクションケース


延びたり縮んだりする部分がないので、ウェイト塗りが楽でした。
金属部分に輝きがなくてアレですが、そのうちスフィア当ててキラッキラにするかもしれません。



メガネの下絵も作ります。イラレの練習も兼ねてます。

下絵

金縁のツーポイント(縁なし)です。とりあえず正面図。平面図と側面図はまた今度。
以前宝飾系メガネにしたいって言ってましたけど、それはまた次にするか、このメガネベースで作ることになると思います。
金縁はフツーに縁のあるものでもいいんですが、それもまた別の機会に!何本でも作ってやんよ!



本当にやりたいことだけやって過ごす週末は久しぶりかもしれません。いやまぁ、いつもやりたいことやってるには違いないんですけど、多かれ少なかれやらなきゃいけないことなんですよ。やらなくてもいいやりたいことだけやるというのがミソ。なんかバチが当たりそうな罪悪感すらある。おかしな話ですw

# 0719_ホンモノっぽさ

今日の生放送たくさんのご来場ありがとうございました。
滑り出しはまずまずかなーと。今後も準備→授業→まとめのサイクルはうまく作っていきたいです。



メガネコレクションケースのその後。

コレクションケース

とりあえず形は出来上がり。
材質設定整えて、PMDにしてみようと思います。

コレ、実際のコレクションケースを参考にしつつ若干アレンジしてみたんですが、やっぱりアレンジした部分が難しかったです。正面の取っ手とか蝶番とか。どうも嘘くさいんですよね。やっぱり実物に接しないと、どうしても「何となくこんな感じ」になってディテールが作りこめません。

蝶番

何かを作る時には、作る対象について十分な知識が必要なんだなーとしみじみ。



というわけで、これからメガネを作っていくにあたって、参考にするメガネをヤフオクで調達しました!

メガネ買ったよ

たぶんワケアリ品か何かです。1本1000円のモノと5本2500円のモノ。留め具の緩みとかはありましたが、キズなどは無く、状態は良かったです。満足!
でも当たり前のことですが、本当は職人技の光る高くて良いもの(福井県産)を1本買った方がいいに決まっています。でもそこは私のお財布事情。仕方ないね。

一方メガネが入っているコレクションケース。アマゾンの直販。こちらは買う前から質は悪そうだというのがはっきり分かっていたんですが、マシな代替案が無かったので買いました。今回買ったメガネよりだいぶ高いんですけどね。仕方ないね。
実際のところ、中身の出来栄えは、私たちが「中国製」に抱くステレオタイプなイメージそのままでしたが、入れ物としては機能するので良しとしましょう。

こんな感じでしばらくはメガネ漬けの日々になると思います。単に楽しく過ごすだけじゃなくて、才能の限界に挑戦できるとイイナー。

予定
①イラストレーターでデザイン兼製図 ※図面なんて書いたことないですけど!
②メタセコでモデリング
③PMD
④配布動画作成!

ここまでできるかなぁ?やるなら配布動画はほぼ日Pの「メガネが好き」のPVになる可能性大。

# 0717_入れ物を贈り物にする神経

日付変わってミク誕です。今年は例年よりも盛り上がってる気がしますね。

私はミクちゃんと過ごす毎日が特別な日すぎて、周囲の盛り上がりが他人事みたいに感じちゃいます。
でも冷静になって考えると、このロジックで誕生日を祝ってくれない男の人って相当嫌な男!
というわけで、ちょうど作ってたモノを、取ってつけたようにプレゼントにしてみる。

メガネコレクションケース

でけーよw
そしてよりによって入れ物ですが、これからこのコレクションケースがいっぱいになるまでメガネ作っていくから問題ないよ!
このケース自体ももうちょっと手を加えます。角を取ったり、取っ手をつけたりして多少は高級感を付けたい。まぁ、貧乏人感覚での高級感ですけど。

# 0666_金属光沢

ちょっと気になって、また金属光沢に挑戦してみました。

金属光沢

あ、いいかも。
でももうちょっと工夫の余地ありかな?とも思うので、たぶんそのうちまたがんばってスフィア作ります。



今日はセリフ作りが思うようにいかず、だいぶ苦労しました。「TPO」って何百回聞いただろう…。まあ、苦労した分マシになってるとは思います。セリフ作りもうちょっとだなー。



コミュのお知らせではお伝え済みですが、明日は帰省のため生放送はお休みです。日曜夜に余力があれば突発でやります。余力なければまた来週。

# 0652_明日の生で考えるって言ったじゃないですかー!

ツーポイント

明日の生で考えると言っていた、次作るメガネのデザイン、いつの間にかできてた。
まあ、メガネって正面だけじゃないし、別の案もあるし。これはこれで生放送で見に来た人に見てもらえばいいし。
デザイン案のレベルのものはもっといっぱい用意しておいたほうがいいですよね。メタセコで作るのが大変なわけだし。上流工程で品質が下流工程の品質に響くから、上流工程に時間をかけろって、死んだおばあちゃんが言ってた(言ってません)。
フロントの形状のパターンとか用意して、それらの組合せでバリエーション増やせるように、とかも考えてみよう。

# 0639_ピンクは淫乱

今日の生放送用に作った壁紙
ぴんく壁紙1

背景作りながら思ったのは、人物がちゃんとしてないと背景に手間かけてもどうにもならないということ! いや、別にモデルさんが可愛くないのではなくて、ポーズとかもうちょっとどうにかならないもんかという…。

というわけで、もう1枚作ってみました。
ぴんく壁紙2

みくまじのモデルでみくまじのポーズを使いまわし!正直あんまり「作った」気にはなりませんが、さっきのよりだいぶマシですね。
せっかくなので、壁紙にしてホームページに置いておきました。日ごろあれだけミクちゃん大好きちゅっちゅって言ってるくせにこのに、ここぞとばかりにこの言い様である。



今日の生放送ではメガネを作りました。
フォックスメガネ1フォックスメガネ2

40分くらいで作ったので、出来栄えはかなりアレですけど。
かけてもらうとこんな感じ。
フォックスメガネ3フォックスメガネ4

あらかわいい。
頂点数450。いつもは軽くその20倍あります。
こうザクザクっと作ってみると、逆にがんばる時にどこに力を入れて作ればいいのか見えてきます。今回フロント部分は太さ均一のセルフレームのメガネのつもりで作りましたが、太さのメリハリがリアリティには重要と感じました。今後に生かそう。

次回以降は「ポーズとって静画」とか、「メガネにまつわるモーション」とか、「作りたいメガネのデザインを考える」とか、そういったテーマでやっていきたいと思います。

# 0626_金縁メガネ

ミク声を作る一方で、軽くメタセコをいじって、次に作るメガネのイメージを膨らませてみました。

宝飾系メガネっていうと、普通はセルフレームじゃなくてメタルフレームですよね。宝石が入ったべっこうメガネとかも見かけないし。
というわけで、金属加工風なパーツを作ってみました。
ハート
ちょっと太い気もしますが、小さなパーツでさらに細く加工すると、加工の難しさとか強度の問題が出てきますよね。まぁ、ホンモノじゃないから問題にならないんですけど。
可愛らしさの表現でハート形というのは我ながら短絡的だと思いますが、一方で分かりやすさも重要だとも思います。
試しに合わせてみる。
18金風
こんな感じですか。
材質は18金のつもりですが、もうちょっとそれらしくできそうですね。メタセコイア上でがんばっても、PMDにする時にまた設定しなおさなきゃいけないけど!
これに宝石をワンポイントで埋め込む感じにすると、色の面でも見栄えすると思います。
あとは、どれだけ金属部分の装飾性を上げるかですね。上のハート型くらいならまだいいですけど、高級なメタルフレームのメガネはかなり装飾華美なんですよね。今度デザイン画とか作ってみますか。楽しそうだけど大変だな!

# 0618_ぶりりあんと

今週の生放送は発展事項があるので、次回に続くことになりました。すでに骨格はできているので、これまでの生では手が届かなかった辺りまでじっくりと説明できそう。



次作るメガネは宝石が埋め込んであるようなキラキラしたもの(悪く言うとケバい感じ)にしようかなと思っているので、試しにブリリアントカットしてみました。
ぶりりあんとかっと(メタセコ)

形は意外とちゃんとできました。頂点数42面数64。意外と単純。実物は頂点数41面数57だと思いますが、てっぺんの八角形部分が三角形8個なので、若干頂点と面が多くなってます。
調べてみたら、この形はオーソドックスだけど、もうちょっと面数の多い削り方もあるそうです。宝石研磨奥が深い。
内部での反射が表現できていないので、このままじゃ全然キラキラじゃないですね。
がんばってMMDの世界にもっていったらこんな感じになりました。
ぶりりあんとかっと(PMD)

なんかそれっぽい!ルビーをブリリアントカットするかどうかは知らないけど!
さらに内側の面も反射するようにすれば、もうちょっと綺麗になるかもしれません。

というわけで、そのうちメガネに乗っけてみようと思います。

# 0605_メタセコイアでメガネを作ろう 第5回 ウェリントン④

今、「MMD俺得モデルフェスティバル2」というイベントが開催中です。みんなで一斉にMMDのモデルやアクセサリを公開して楽しもうってイベントですね。
自分は無関係だと思ってたんですけど、今回はタイミングが良かったので、私も参加しました。

というわけで今日は、勢いに任せてPMD化して、小面倒くさい配布用の準備を進めて、データをアップロードして、告知静画もうpして、できあがり。



ついでにネタも。



やりたいことができてよいゴールデンウィークでした。



ゴールデンウィークに買った本。

Photoshop×Illustrator プロフェッショナルズ テクスチャ・背景・壁紙デザインPhotoshop×Illustrator プロフェッショナルズ テクスチャ・背景・壁紙デザイン
(2012/01/18)
下田和政

商品詳細を見る

帰省から戻る時、電車内暇だろうと思って本屋さんで適当に買ってみたら結構良かったです。AE買う時にIllustratorも付いてきた+静画作る時とか2D背景も自作したい、という欲求もありましたし、本の内容もデザインの例がカコイイ(もっと有り体に行ってしまえば「プロっぽい」)+作り方の手順が具体的で分かりやすい、という具合でした。いろいろ今の私にマッチしていた。
読んでみて、Illustratorがどんな風な使い方のできるソフトかちびっと分かってきたんですが、さすがに基本的な使い方が覚束ないので、1冊入門書も買うことにしました。

Illustrator トレーニングブック CS5/CS4/CS3/CS2/CS対応Illustrator トレーニングブック CS5/CS4/CS3/CS2/CS対応
(2010/08/17)
広田 正康

商品詳細を見る

こちらは上の本とはかなり対照的で、Illustratorの基本的な使い方を解説しつつ、シンプルでファンシーなイラストを描けるようになろうという内容です。中身は2色刷り。

別にIllustratorが使えるようになったからと言って私のデザイン力が上がるわけではないですが、手数は多い方がいいですよね。役に立ちますように。
ちなみに、先ほどのメガネ配布告知動画の地面のメガネ模様テクスチャーもIllusratorとPhotoshopで作りました。後から考えたらIllustratorだけでもできそうだったけど!

前頁 / 翌日  | ホーム |  前日 / 次頁

お知らせ

2013/01/19:第10回MMD杯予選動画を投稿しました

プロフィール

なまえ:すぺくたくら
初音ミクに言葉を教えています。
あとMMDも。あとメガネ。
>> マイリスト  >> 自己紹介
メール:spectacler(あっとま)gmail.com

ミクさんから一言

twitter

カウンター

相互リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

動画

静画

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

動画製作 (200)
言葉の話、音声の話 (11)
喋らせてみた (105)
メタセコイアでメガネを作ろう (39)
その他 (369)
MMD (217)
月間MVV(最優秀動画賞) (15)
初回 (1)
音声編集 (4)
ニコ生 (31)
プログラミング (19)
メタセコイア (12)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索エンジン向けキーワード

Vocaloid/初音ミク/喋らせてみた/トークロイド/ニコニコ動画/MikuMikuDance/MikuMikuTalk/みくみくトーク/みくみくとーく/ミクミクトーク/ダウンロード/DL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。