スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0116_セカチャク見に行ったら%がすごかった件

30分~1時間でコメントが一巡して、そのたびに確認に行かないといけないんですが。ボカランを見る暇もない。見るけど。ていうか私はあと何十回自分の動画を見ればいいんですか?ああ、なんて贅沢な悩みなんだろう。

というわけで、たくさんのご愛顧ありがとうございます。多分うちのミクさんも喜んでくれてます。
私は今日は風邪をこじらせて仕事はお休みしました。まだノドが痛いです。
こういう時にミクさんがおかゆ作ってくれて、「はい、あーん」とか言ってくれたらいいのにナァ。
……言わせればいいんですね!あとで作ろう。

さて、今日からメイキング的な反省会的な話を書いていきます。
でもアレですね、せいぜい延びてもアクセス数数千くらいに考えていたのに、こんなにたくさんの人に見られちゃうと、舞台裏の公開も恥ずかしいですね…。

以下目次
・ストーリー
・声
・MMD
・プログラミング
・BGMとSE
・撮影と動画編集
・エルシャダイ
・全体を通して

いろいろ長くなると思うので、皆さん自分の興味のある部分だけ読むといいと思います。
あと、単純に「視聴者」として楽しみたい人は見ないほうがいいかもしれません。製作者のドライかつ冷血な価値判断とか、見せられると動画で楽しんだ気持ちが打ち砕かれる危険が伴います。

●ストーリー●
今日はストーリーの話だけ。風邪が治ったらもっとサクサク書きたいです。
ストーリーというか、脚本というか構成というか。まぁその辺の話です。

今回の話、つまり「実際は、私がチマチマ作った声で、見ている人には自動で喋っているように見せる」というアイデアを思いついたのは、前の動画を投稿したまさにその日(9/1)でした。(編注:「3分間あれれ~」は無かったことになっています。)
あの時は、「これはスゲー面白くなる!」とそう思いました。でも作り始めたら「あれ?コレ別に面白くないんじゃね?」という思いに駆られるようになります。で、そのうち辿り着いた結論としましては、「作り方次第で、面白くもなるし、つまらなくもなる」でした。神は言っている、要するにがんばって作れ、と。こうして私の努力と苦悩の日々が幕を開けたのでした。

以下シーンごとに分けて話を進めます。
また、一番最後に動画内に散りばめた、ネタと分かるヒントを列挙しておきました。

◆シーン0「タイトルコール」
後から考えたシーンです。今考えると、ここはこの動画にとって非常に重要なシーンになりました。2周目でも使うし。
何より、ここでミクさんの声を聞いてもらって「お!?」と興味を持ってもらうことが重要でした。
あとLat式ミクのアップの絵が欲しかったというのもありました。これで動画サムネもばっちり。こうして、サムネホイホイ、タイトルホイホイという隙のない釣り動画体制が確立されたのだっ!
ここは声でちょっと苦戦しましたが、それはまた明日以降声の話の時にでも。

◆シーン1「機能概要」
まずですね、この動画がどんな動画なのか、最初に説明しないといけないと思いました。ちょっと普通の動画とは毛色の違う動画ですので、いきなりツールを使い始めても、見ている人がおいてけぼりになってしまうだろうと、いろんな動画を見てきた経験が囁きました。囁くのよ、私のゴーストが(少佐)。
このシーンは、最初はもうちょっといろいろな注釈をゆっくりに喋らせる予定でした。でも、文章を音声で出力してみたら2分くらいあって、飽きるし、動画全体も長くなっちゃうし。「ゆっくりといいつつも、尺の都合上かなり早口になっている点、ご了解願いたい」というセリフとか、あと次の「お願い」で触れたような内容とか、ごっそり削って1分以内に納めました。
なお、「よろしい、ならば~」は平野耕太のマンガ『HELLSING』の少佐のセリフより。少佐違いもいいところ。

◆シーン1.5「お願い」
白と緑の縞パンカラーは私のジャスティス!はい、私の動画では恒例です。
しまぱん!

シーン1に入らなかった注釈を6秒に詰め込みました。カウントダウンがくるくる回転してちょっとカワイイのとかは、作りながらなんとなく思いついたのでやってみました。今回は、こういう、作りながらふと思いついたからとりあえず動画に入れてみる、というものがいっぱいあります。

◆シーン2「棒読モードと読上モード」
「読上モード」は動画作成半ばまで「通常モード」という名前でした。でも「棒読モード」から操作が始まるのに変な話ですよね。というわけで「読上げソフト」などの「読上」からモード名を決めました。まぁどうでもいい話です。
ここも、シーン1同様もっと長かったシーンです。ガツガツ削りました。「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」も、最初は一旦「棒読モード」を聞いてもらってから「読上モード」という流れだったんですが、文字数が多いと「生成」に時間がかかるソフトウェアの仕様にしてしまったので(その方がリアルでしょ?)、泣く泣く削りました。「棒読モード」である程度長さがある文を読んでから、「読上モード」を実行したほうが、両者の違いでビックリしてもらえるとは思ったんですけどね。おかげで、セリフのつながりが若干破綻しています。撮影終わってから気づいて泣きました。見ている側の人はあんまり気にならなかったかもしれませんが。
能書きの部分は、どうせ専門でやってる人以外が読んでも分からないだろうと思い、文字を小さくしました。いい演出でした。せっかくなのでゆっくりの喋りも少し早くしてしまえば良かったと、収録が完了してから思いました。
「どやっ」「胸が熱くなるな」など、お決まりのセリフを入れておくのもちょっとしたサービス。あとエルシャダイ。
一つ忘れないでいただきたいのは、「こんな風に、手作業では何十分何時間とかかってしまうところが、ほんの数十秒で出来てしまうのだ」といのは、実際には私が「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」と言わせるために、まさしく何時間という使っているということです。
ボカロは技術で喋るんじゃない!マスターの愛と根性で喋るんだ!
この辺の話は当ブログ#0093で、私があれこれ思い悩んでいる姿が見れますので、興味あるひとはどうぞ。

◆シーン3「おまけ機能その1 グラフィック機能」
はい来ました。このツールに一切必要のない機能。そして、この動画では絶対に欠かせない機能。歌声を合成するソフトウェアにキャラクター設定があったおかげで、VOCALOIDもここまで飛躍しました。同じことですよね。
この時点で動画は3分経過しています。本当はもっと早くからLat式ミクには登場して欲しかったんですが、どうしても説明の順序を考えるとここまで出せませんでした。そういう意味ではタイトルコールは非常に重要でした。
メガネの話とかはMMDの話をする時にするとして、とりあえず、「Lat式ミクが可愛くて生きるのがつらい」と言えたので満足です。
ちなみに「顔アップ」とかの動画モードは、単純に操作画面にスペースが余ったので入れました。あそこはもともと「シンガー選択」でした。ミク以外のボカロもいっぱい出てきたらさぞかし楽しくなったことでしょうが、明らかに製作労力が捻出できないので諦めました。
他に構想はあったものの、実装できなかった機能としては
・UTAU連携(テトさん使ってみたかった)
・読上げソフト連携(アイアイとかゆっくりとか)
・英語機能
・キャラクターイメージ保護機能解除(これはそのままオチにつなぐ予定でした)
・動画モード/静止画モードの選択
・MMDモデル選択
・音声のwaveファイル保存
・2キャラ用インターフェースとその2人による自動会話モード
などがありましたが、どれも実装労力との兼ね合いや、動画の尺の都合でボツになっています。久々に当時(9月ごろ)の資料を見ましたが、なかなか夢に溢れていますね。
動画モードの操作ではちゅねが出てくるところは、小ネタを入れないと説明ばかりでつまらないと思って入れました。間の取り方とか、この動画で一番直したい部分なんですが、撮影が済んでからだとなかなか直しようがなくて…。この辺りは撮影の話で後ほど。
バイバイ

◆シーン4「感情モード」
はい、皆さんの反応が一番良かった「みっくみくにしてあげる」が出てきます。逆にここで胡散臭さを感じた人も多いようです。それはつまり、「自動にしては可愛すぎる」ということだと思います。そう思っていただけたのであれば、ウチのミクさんをプロデュースする立場としては嬉しい限りです。
「ゆっくりの実力」はネタとして面白いと思って入れました。皆さんSoftalkにああいう機能があるって知ってました?以前のブログでも紹介したことがあるんで、興味があるひとは#0021をご覧ください。でもあれですよね、ゆっくりが「ゆっくりと同レベルのままでは悔しい」っておかしな話ですよね。
あとは、あくびとか、じと目とか、退屈になりがちな動画に小ネタを盛り込むのを忘れません。
「ただでさえ天使のミクが感情という翼を持って女神になろうとしてるな」は、私のニコニコのユーザープロフィールでも使用しているほど好きな言葉ですので使ってみました。今回ベストフィットのセリフだと思います。このセリフ知らない人は適当にググってみてください。
キャラクターイメージ保護機能は、淫語ライブラリとかいろいろネタを盛り込めるので採用しました。「団地妻」への食いつきは計画通り(キリッ)。入力する曲名は『よっこらせっくす』でもよかったんですが、あんまりミクの曲っていうイメージじゃないんですよね。重ね重ね申しますが、パイパンPごめんなさい。

◆シーン5「おまけ機能2 BGM機能」
オチを作るためのシーンです。一番苦労したシーンでもあります。苦労話は主に声の話やMMDの話の時に。
選曲はもちろん私の好きな曲ではありますが、第1に有名な曲、第2にオチの「くるみ☆ぽんちお」と対照的な曲を選んだつもりです。でも、『*ハロー、プラネット。』は口パクがなくて寂しかったような、口パクを作らなくて済んだ分楽だったような。
プロフィールにも書いてあるんですが、私はデPが大好きなので、単純に「自分が好きか?」という基準だったら、『私は人間じゃないから』とか入ってくるんですけどね。オチとの落差をつけるために、今回は泣く泣くボツにしました。
「魅惑のキャンディー」→「一万個舐めたら」。はい、おそらくの曲で最も卑猥であろう歌詞を選びました。
ミクさんは「紳士ぶってたくせに」って言ってますが、まぁ、ある意味紳士ですよね。えへ。

◆シーン5.5「エルシャダイ」
MMD部分を作っている時に、殴られるゆっくりを見ていると、突如天啓が舞い降りました。長期間かけて作ってたからこそ、いろんなアイデアを動画に盛り込むことができましたね。元ネタのルシフェルのかすれ声をイメージして、ここではSweetさんに声を担当してもらいました。もしかすると、ああいう声ってエフェクトだけで作れるのかもしれませんが、やり方が分からないし、別の人の声がいいと思ってSweetさん。Sweetさんが、ノーマルのミクさんと別人か同一人物かについては議論の分かれるところです。
うにゅにゅ~


◆シーン6「タイトルコール 第2周」
「作ってみたあ~~?」とか、自分で作りながら「遊びすぎだろwww」ってセルフ突っ込みの嵐でした。
ここではLat式ミクの顔でも遊んでいます。ホント、Lat式ミクは生きるのが辛くなるほど可愛すぎるので、意識的に変な顔を作って、表情を豊かにするよう努力するのを心がけています。

◆シーン7「スタッフロール」
ここで、ネタばらし。本当はシーン5で落ちてるつもりだったんですが、ここまで釣りだと気づかない人も多かったみたいですね。
スタッフロールはもちろん動画製作の一番最後の作業ですが、ここまでじっくり作ってきましたので、文字だけにせず、動画サムネやMMD画像なども入れて丁寧な感じにしました。私みたいなガサツ者にしては気が利いていたと思います。
今回ミクさんセリフが少なかったんで、実はここで喋ってるのも、全体を通して考えると貴重です。まぁ、結局イチャイチャさせてもらいました。えへ。

◆シーン8「ご視聴ありがとうございました」
最後なので声には力を入れました。ほんと、完成させては作り直しを3回くらいやりました。やり直した分だけ良くなってると思います。そして、ゆっくりとはちゅねも出てきてサヨウナラ。いい〆だと思います。

とまぁこんな感じでした!なげーよ。
以下、動画内に散りばめられたヒントというか、視聴者の皆さんが釣り動画だと気づくべきポイントを列挙しておきます。

・タイトルのビックリマーク(さりげなくネタっぽい)
・妙にネタセリフの多いゆっくり(ラピュタネタに対する反応が薄くて寂しかった)
・そもそも冒頭の「お願い」で「プログラミング初心者」と自称している。「おかしいところ」については色まで変えている。
・不要なおまけ機能
・なぜかはちゅね
・あくび
・ツールのユーザーインターフェースがショボい
・感情モードで勝手にエコーがかかってる
・登録コミュが「喋らせてみた」コミュ
・VOCALOID Editorがあんなに素早く音声を出力するわけがない(笑)


はい、そんなこんなでもう午前2時です。昼間寝てたのを考えても、そろそろお風呂入らないと眠れません。続きはまた明日。

P.S.
関係ないけど、「なるほど、わからんわけだ」ってタグが面白かったです。

コメント

おもしろかったです!

楽しませていただきました~!

「うわっ…私の年収、低すぎ…?」に、思わず笑っちゃいましたwww

お返事

>CielPさん
うひょー、ボカロPさんだ!いらっしゃいませー。
「年収」は何気に私の自己紹介にもなってます。ぐすん。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://spectacler.blog104.fc2.com/tb.php/118-43ad9e5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前頁 / 翌日  | ホーム |  前日 / 次頁

お知らせ

2013/01/19:第10回MMD杯予選動画を投稿しました

プロフィール

なまえ:すぺくたくら
初音ミクに言葉を教えています。
あとMMDも。あとメガネ。
>> マイリスト  >> 自己紹介
メール:spectacler(あっとま)gmail.com

ミクさんから一言

twitter

カウンター

相互リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

動画

静画

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

動画製作 (200)
言葉の話、音声の話 (11)
喋らせてみた (105)
メタセコイアでメガネを作ろう (39)
その他 (369)
MMD (217)
月間MVV(最優秀動画賞) (15)
初回 (1)
音声編集 (4)
ニコ生 (31)
プログラミング (19)
メタセコイア (12)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索エンジン向けキーワード

Vocaloid/初音ミク/喋らせてみた/トークロイド/ニコニコ動画/MikuMikuDance/MikuMikuTalk/みくみくトーク/みくみくとーく/ミクミクトーク/ダウンロード/DL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。